読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レモンすっぱい劇場

主に診断創作の漫画をあげるところ

甘食×伊集院まとめ2

地下鉄深夜BL次元

10/24~10/27甘伊メモまとめ

 

伊集院くんいいじゃんってなった具体的なきっかけなんだろうな〜〜〜外見および仕草かと思ってたけどふみピもともとそんなに悪く思って無いみたいだし案外中身だったりしてな

 

こう…ある時なんでもない話をしている時に笑った顔を見せたとかかね 遠目で見たことはあったけど、まさか自分に対して出しちゃう?あんな顔して出てくるのにおれのこと嫌いじゃないの?ウケる!みたいな
「おれのこと嫌いなんじゃないの」「は、何故ですか」「だっておれがここ遊びに来る時すげぇ顔してるじゃん」「それは、その行いが行き過ぎだからでしょう…」「ふーん、そうなんだ、へぇ…」

 

「寝るまでで良いからさあ、きみの昔の話してよ」「面白みのあることは無いですが…」「楽しいね、おれにはきみってだけで特別面白みがあるんだ、さ、昔々ふみくんが?」「……それほど昔ではありませんが、よろしいですか」「うん」
#甘伊メモ

 

「学生時代、私は少々頭の固い子供でした」「うん」「間違ったものは制裁されるのが然りだと……今ではその考え自体が間違いだと分かっているのですが」「うん」「恥ずべき過去です、あの頃は」「そうなの?」「……貴方はそういった迷いがなさそうですね」「うん、考えたことないや」 #甘伊メモ

 

「伊集院くん、きみがいちいちキレて来るのが新しいんだよ、おれには。」「こんな時に……新手の嫌味ですか」「ハ、普通は、多分おれとはちょっと違うらしい『普通』の人らはね〜、こういう時……おれには触らないんだよ」「?何故…どういう意味ですか」「フ、ウケる」 #甘伊メモ

 

(これから行う挑戦者への違反スレスレの蛮行について)「伊集院くんが嫌うからさ、最近は『こういうこと』滅多にしてないんだよね」「……まあでも…今日は彼、休みだから」「……好きにさせてもらうけど、はは」 #甘伊メモ

 

伊集院と出会ったことで甘食が変わったのは人生においての優先順位で、伊集院さんの良し悪しの価値観に準拠して行動するだけのことで、彼が関わり知らぬとこでの嗜好は変わってないみたいなのよい #甘伊メモ